menu

アレルギー対策にFlawlessジュエリー

金属アレルギーとは?

①金属アレルギーとは?

②安心・安全なアクセサリーとは?

③金属アレルギーの予防策

④金属アレルギーになったらジュエリーを着けられない?

 

金属アレルギーが心配の方へ

ジュエリー

金属アレルギーは「汗や唾液などの体液」に溶け出し「金属」が反応し金属イオン が発生する事から起こります。

アレルゲンの仕組みの図

 

抗体がアレルゲンに対して攻撃する図

このアレルゲンに対して抗体を作る体質の人がいます。
抗体はアレルゲンに対して拒否反応を示し、攻撃を行います。
これにより起こる炎症や肌荒れがアレルギー反応です。
アレルゲンに対して抗体を作る体質の人が多く作り重大な症状を起こすことでアレルギー反応を起こします。

 

金属アレルギーを予防するには?

抗体が出来て反応が起きなければアレルギーは起こりません。
ですのでアレルギー体質の人にも金属アレルギーにならない予防策があります。

 

【予防策】

①イオン化しずらい金種を身につける。

②運動時や入浴時ははずす。

 

 

イオン化しずらい、又はアレルゲンになりずらい金種

金やプラチナは非常に安定した金属で、そもそも他のものと反応をほとんど起こしません。
沈没船などから当時のままの姿をとどめた財宝が発見されるのもこの為です。
人間の汗程度では金属イオンになることはほぼ無いといえます。
(※金がイオン化する事はほとんどありませんが、ピアス等で金そのものが体内 に入る事によって金がアレルギー物質となってしまうことが稀にあります。)

ただ一般的に純金はアクセサリーには使われません。

 

金は本来とてもやわらかく、身につけたり、貴重な宝石を留めるのは、そのままではではもろすぎます。
この為、割金といって強度を上げたり、色みを調節する為の金属を混ぜた合金がア クセサリーには使用されています。
例えば18金を例に挙げると以下の図のようになります。

 

18金の割金図

金は24等分の比率で表され、18金ですと24分の18なので、おおよそ83%が金で他は銅などが含まれています。
一般的に金属アレルギーを起こすのは、この割金に含まれる物質で18金などの金の含有率が多いものですと比較的安心ですが、この割合が低いものになるとアレルギ ーを起こす可能性はその分上がります。

コバルトとニッケル
です。
昔作られた物海外の低品質なもの特にニッケルが含まれることがあります。
Flawlessなら製造業者を選別し、シルバーアクセサリー等低価格のものにも、X線 装置による含有元素の確認を抜き取り調査をしています。

 

含有元素の確認装置

 

金属アレルギーになったらジュエリーを着けられない?

そんな事はありません。

「金属アレルギー」というひとつのものがあるわけではなく、アレルギーはそれぞれの金属対して起こってます。

一番多い「ニッケルアレルギー」の方はもちろんニッケルフリーのジュエリー (とても一般的なもので18金かプラチナ900等のジュエリーは通常ニッケルフリー です。)なら着用に問題ありません。

 

自分が何のアレルギーなのかを知る

パッチテスト例イラスト

皮膚科でまずは自分が何の金属に対するアレルギーなのか確認しましょう。
背中などの皮膚に金属の試薬を貼り付け、 皮膚反応を観察しアレルギーの原因金属 を調べるパッチテストなどあります。
その後、信頼のおけるジュエリーショップにてその旨伝えて、これにあった商品を 購入するか製作してもらいましょう。
Flawlessなら金種はもちろん選べます。

 

LINEで送る
Pocket